めちゃくちゃ冷えるSwitchドック作ってみた・これで冷えない訳がない

めちゃくちゃ冷えるSwitchドック作ってみた・これで冷えない訳がない

最近モンハンの長時間プレイにつき毎回強制スリープモードになる

Switchの熱対策どうしようかといろいろ考えた結果・・・

Switchドック自作してみる事にしました

という訳で今回はドック型のSwitchの熱対策のお話です!

(残念ながらSwitch Lite用のものは用意しておりませんのであらかじめご了承ください・・)

 

とりあえず冷えればいい】【プレイ中に強制スリープは避けたい

上記2つがクリアできてかつ低予算で作れないものかといろいろ模索しました。

もちろん前回記事で紹介した社外品のオープン型のドックも検討しましたが、「どうせならもっと冷えそうなもの作ってみよう!」と思い今回作ることにしたんです。

結果としては高熱による強制スリープも解消できて、冷却効果も-10°前後を叩き出せるようなものが出来上がりました!

 

ですが・・・

自作ドック・完成品 (?)

「ク〇ダセェ・・・w」

ネコ太
ネコ太
うん、ダサいね。
何も言えないっす・・・
たけまる
たけまる

残念ながら見た目は完全に昔のブラウン管テレビになってしまいました・・・

いやそれ以下ですね。

とはいえ冷えるには冷えるのです!先ほども言ったように-10°前後冷えるようにはなったんです!

計測方法としては簡易的ですが、【放射温度計】でSwitchの排気口に向けて測定しています。これについては別の記事にてレビュー致します。

温度測定の詳細とそれらの結果

下記画像はモンハンRISEを純正ドックに繋げて1時間プレイした時の排気口付近の温度と自作ドックに設置して同じように1時間プレイした後の測定温度です。

※自作ドックのファンをOFFにして完全に停止させた後すぐに計測した結果になります。

純正ドック接続時

 

自作ドック接続時

 

 

とはいえあくまで正確な温度ではないのですが、表示された数値的に温度が下がっているのが確認できます。加えて純正ドックに比べて継続して1時間~以上プレイしても強制的にスリープモードになる事も無くなりました。

見た目が完全にアウェイではありますが、メンタル的にはだいぶ助かっています。熱暴走の心配も少なからず軽減して強制スリープによる中断もなくなって快適にゲームができます。

自作ドックの詳細またその仕組み

ドックといえど結論から言うとただの箱なんです。前面にSwitch本体を据えて背面には120mmのUSBファンを設置した簡単な仕組みです。

低学年並みの工作のような物で造りも至ってシンプル、材料や機器等も簡単に入手する事が可能です。費用的にもグルーガンを合わせても¥5,000~程度でした。

 

使用機器や材料

100均で手に入るカラーボード 2枚

¥120

USB120mmファン 2個1セット

¥1,800
Switch対応HDMIアダプター 1つ ¥1,700

L字USB Cアダプター 1つ

¥750

グルーガン 1つ

¥1,200

合計

¥5,570

これら他にカッターやカッティングボードなど家にあったり無くてもいいものくらいですかね。次に工程をいくつか写真付きでざっくり説明していこうと思います。

外枠カッティング・組み立て・アダプターはめ込み

  • まず120mm×2つを横並びにする訳なので横幅240mmのカラーボードを4枚カットしてグルーガンで接着させます。
  • Switchの横幅も239mmとほぼ一緒なので、あとはSwitchを縦に固定できるように工夫します。
  • ファンの固定もはめ込むだけで特に固定はしていません。
  • HDMIアダプターをサイドに穴を空けてはめ込みL字のUSB Cのアダプターをつける。

最後の画像が内部になってまして、特に何も難しい事はやっていないのがわかると思います。後ろのファンから吸気を行い、前に置いてあるSwitch本体を直接冷やすという仕組みです。

丁度Switch本体の吸気口が背面にあるのと躯体全体を冷やすといった感じになる訳です。

使用機器

Switch本体内部のHDMI出力機器を使用する予定でしたが、ドック本体が特殊ビスだらけで面倒になり上記のものを購入。

4K出力とありますが、Switch自体4K出力に対応してないので全くの飾り機能でしかないです。とはいえ数少ないSwitch対応のHDMI変換アダプターではあります。


背面ファンはこちらを使用しています。先程のアダプターにUSBポートがあるのでそちらに繋げて給電する感じです。

※このファンなかなかにうるさい


検温にはこちらを使用しています。

放射型の温度計で簡易的に検温できる優れものです。板金屋の知り合いが使っていた所をたまたま見て教えてもらい即購入して重宝しています。こんなちっこいのが表面温度を結構正確に検温できるのが驚きです。別途記事にします(多分)

まとめ

強制スリープモード回避できたが自作したドックがク〇ダサい