PS5発売に向けて【PS5のスペック・最大限PS5を楽しむための環境構築】

PS5発売に向けて【PS5のスペック・最大限PS5を楽しむための環境構築】

PS5発売日が2020年11月12日に発売開始

本体価については通常版が¥49,980(税別)・デジタルエディションが¥39,980(税別)と驚きの価格で発表され発売までもうわずか1ヵ月とちょっとで遂に次世代がやってきますね。

今回の発表でPS5について性能等またその他が明らかになってきたのでより確かな情報を記載すべく当記事をリタッチ及び改変した次第でございます。

引用元:https://www.playstation.com/

PS5のスペック

CPU AMD Ryzen ZEN2(8コア16スレッド)最大3.5GHz
GPU AMD Radeon RDNA2  最大2.3GHz  10.3TFLOPS
メモリーシステム(CPU・GPU)RAM GDDR6  16GB  バンド幅448GB/s
ストレージ 超高速SSD  825GB
光学ドライブ Ultra HD Blue-ray
映像出力 HDMI 2.1  4K・120Hz対応 8K・60Hz対応
オーディオ Tempest 3Dオーディオ技術搭載
最大消費電力 デジタルエディション340W 通常版350W

この値段でこのスペックは本当に衝撃的でした。何せこのスペックをPCで再現しようとすると軽く20万円近く行くのです。

とはいえ上記の構成を見てもピンと来ない方がほとんどだと思います。PS5をPCに置き換えた場合【ハイエンドクラスのPC】程の性能を持っているのです。それほど前機と比べて今回のPS5の各性能(映像出力・読み込み速度・演算処理)が飛躍的に向上しています

ではまずPS5と同等の性能を持つハイエンドPCを組み上げるとするとどれ程の金額になるのか見ていきましょう。

PCでPS5のスペックを再現

CPU AMD Ryzen7 3700X 8コア16スレッド

 

最大4.4GHz

¥40,000
GPU RTX2080 SUPER  GDDR6  8GB

 

10.?TFLOPS

¥40,000~¥100,000
メモリー・RAM GDDR4  4000MHz

 

16GB

¥25,000~¥40,000
ストレージ GEN4 M.2 SSD

 

500GB  5.6GB/s

¥7,000~¥10,000

2020年10月現在の値段表記です。この構成では全く同じとは言えないですがほぼ近しいスペックだと言えます。上記を参考にして見るとCPUやGPUのお値段だけでPS5が買えてしまいますよね。他にちゃんと稼動させるようにするとこの表とは別にマザボ、電源ユニット等付け加えるとおおよそ15万円超えになるんです。

そしてメモリー・RAMに関しては、PCパーツではPS5と同じGDDR6メモリーが今のところなくGDDR4の4000MHzでさえPS5のメモリーの性能には及びません

いかがでしたでしょうか、PS5がどれ程の価格モンスターなのかご理解頂けましたでしょうか?では価格に関しての内容はここまでにして次はこれらの性能を今度はPS4 proと比較しながら解説していきたいと思います。

PS5とPS4との性能を比較

比較表 PS5 PS4 pro
CPU AMD  ZEN2(8コア16スレッド)最大3.5GHz AMD Jaguar(8コア)最大2.1GHz
GPU AMD Radeon RDNA2  2.3GHz  10.3TFLOPS AMD Radeon 911MHz  4.20TFLOPS
メモリー GDDR6  16GB  バンド幅448GB/s GDDR5  8GB  バンド幅218GB/s
ストレージ 超高速SSD  825GB  5.5GB/s HDD  1・2TB  6GB/s

全体的な性能の向上を数字だけで見ても違いがわかるかと思われます。ではそれぞれの数字の後ろの表記に関して軽く説明しますと

  • ~GHz】【TFLOPS】の数字に関しては大きければ大きい程に処理、性能が良いという事になります。
  • メモリーの【バンド幅】に関しては単位時間あたりにどれだけのデーターをメモリーから読み出せるかの数値になります。
  • GB/s】については読み込み速度1秒間にどれほどのデーター量を送れるかについて表す表記になります。

上記表のストレージに関してですが、PS5が5.5GB/sでPS4が6GB/sにはなっているものの大きな違いについてはHDDかSDDについてになります。超高速SDDとある通りHDDよりかは普通に速いのです。しかもこのSSDについては特殊なものらしくエピック・ゲームズCEOのティム・スィーニー氏が「PS5のストレージアーキテクチャは、今買えるどんな高価なPCをもはるかに凌駕する」とも述べております。

これまでのゲーム体験が変わる

新作のCS機で毎度お馴染みの「実写とまるで見分けがつかない」といった感想がまた到来します。しかし今回は時間が経って慣れてしまえば「それでもやはりゲームか」と落胆する事はなくなってくるでしょう。

Unreal Engine 5】のPS5デモ動画をご覧になった方々が多くいるかと思われますがまだ知らない方のために下記にてその動画をご確認下さい。これが次世代の【リアル】です。

Nanite

完全に仮想化されたジオメトリによりこれまでのポリゴン数、ドローコール数やメモリーにも制限される事がなくなり、ソースアートアセット・ソースモデルを品質低下の心配もなく最適なパフォーマンスをほぼそのままゲームにインポートする事が可能になるといいます。これにより従来のゲームエンジンでは再現不可能だった高精細な映画用のアセット、扱えなかった膨大なデータ量が扱えるようになる可能性が十分にある事になります。

ジオメトリとはいわばそのゲーム内のフィールドやキャラクターの形を形成しているものだと認識して貰えればと思います。

Lumen

これまでゲーム制作において光と影の表現が難しかったとされています。リアルタイムで処理する事が難しく、様々な手法の組み合わせによってこれまでの演出をクリエイターさん達は実現してきたと言います。Lumenはそれらのあらゆる光源処理をリアルタイムに表現する事が可能であると述べていて、これまでよりリアルで繊細な表現が可能である事がわかります。

超高速SSD

またこの部分も前機とは大きく違ってくるのがHDDからSSDに変更された事です。こりに対して僕たちユーザー側に与えられる最大のメリットとしてはロード時間の短縮になります。次世代機PS5ではPS4のHDDと比べて100倍以上の読み込み速度を実現するとも言われています。加えて増設できるストレージがM.2 SSDとこれまた爆速なものが拡張ストレージとして使用できるのも驚きです。

Tempest 3Dオーディオエンジン

革命的な差をもたらすと言われている今回のオーディオエンジン。どうやら外付けのオーディオ機器がなくともテレビスピーカーでも高音質な体験が得られるとも言われていますが、近頃の先行体験等のレビューを見聞きする限りやはりテレビのスピーカーによって左右される所だと思います。よってこの機能を最大限に楽しみたい、感じてみたい方は別途3Dスピーカーやシネマオーディオを用意する必要があるかも知れません。

しかしとはいえこの技術は本当にすごいもので、ゲーム内のあらゆる音(雨や風などの天候、足音またその表面に当たる音の違いまたその方向)が3Dとある通りにリアルにサラウンドで表現されるとの事。

映像から音まで臨場感溢れる体験が得られる事が期待されますね。発売までが本当に待ち遠しいです。

PS5を今現在で最大限に楽しむための環境構築

では突然ですが、皆さんはどういった環境でゲームしていますか?

ゲーマーの方々なら結構環境づくりに力を入れている方も多いのではないでしょうか。僕もYouTubeなどでデスク周りの紹介動画等を見ながら参考にし今現在自分も構築している最中で楽しくやっております。

ではまず今回のPS5が8Kや4K 120Hz対応とありますが、正直今のところPS5の性能を最大限発揮できる低コストのテレビはほぼないと言っても過言ではありません。

あるとすると8Kや4Kの出力はできても120Hz対応のテレビがほぼないんです。加えてPS5の出力端子がHDMI 2.1という規格を採用しているんですが接続するテレビ側が対応していないとほぼ意味を成しません。

ではその問題の120Hz【Hz・リフレッシュレート】に関して軽く説明すると、1秒間に画面を書き換える回数を示します。120Hzだと、1秒間に120回もの切り替わりが行われていると言う事です。要するに画面上での速い動きにどれほどモニター側が反応できるかについて指します。

ゲームモードを搭載しているテレビでもおおよそ60~75Hzだと言われています。近頃だとフルハイビジョンなら120Hzに到達するものもあるそうですが低コストかつ4Kテレビでは今現在ほぼない状態です。ゲーミングモニターでなら120~144Hz対応のものが多くありますが逆に4Kでの出力が可能なものはなかったような気がします。

これらPS5の条件に対応するモデルとしてですが、先日SONYから4K・120Hz対応のテレビがあります。しかし真新しいモデルだけあって値段も10万円は超えてくると思いますので余裕がある方は是非そちらのテレビを検討してみて下さい。

では下記よりそれぞれ用途別でいくつかのモニターをご紹介していきたいと思います。

おすすめのモニター

 

迫力満点・美しい映像を大画面でゲームしたい方



近年爆発的な人気を誇る【ハイセンス】製のコスパ最強の4K液晶テレビを第1に挙げていきたい。

RPGなどで美しい映像を楽しみたい!大画面でプレイしたい!けどコストはできるだけ抑えたい!という方は当製品を強くおすすめします。倍速駆動が搭載されており疑似的に120Hzを実現させる機能も備わってあります。他にも様々な見所がある製品となっていますので視野に入れてもいいかと思います。


次に旧モデルですが見つかりました【SONY BRAVIA】噂の120Hz対応の4K液晶テレビ2019年モデルです。現日本に発売されているPS5の性能をもっとも近く発揮できるモデルになっています。HDMIが2.0なのが惜しいところ。とはいえそれ以外は文句なしのスペックです。

上記のより新しいモデルがこちらのものになります。ほぼ同等のスペックで変わったものを挙げるととすればベゼルがより小さくなったのと音質面の向上、49型以上のものの視野角が広くなったなどが見られます。とはいえ今モデルでもHDMI 2.1には対応していないのが痛いところです。

 

デスク上での最適なモニター・速さこそ全てといった方


デスク上でゲームしている方なら1番ピンとくるモニターサイズが27インチのものだと言われています。主にFPSをプレイする方なら尚更画面のサイズやリフレッシュレートを気にする方が多いと思います。そういった方々には当製品が1番ぴったりとくるのではないでしょうか。27インチで144Hz高さ調整可能VESA対応IPSパネル採用。欲しい性能全てがこのモニターにはあります。


上記の性能に加え当製品では2K・2560×1440(WQHD)の解照度を誇ります。フルHDよりも画質面がいいといった方にお勧めします。
PCモニターで4K出力のものも欲しいといった方

4Kモニターかつ応答速度が1msといった驚異的なPCモニターがこちらの製品になります。リフレッシュレートは60Hzと一般的ではありますが、上記のものと使い分けるといった贅沢もいいのではないでしょうか。ロマン感じますね。

おすすめのスピーカー

先程革命的だと述べた今回のPS5のオーディオエンジン、この性能を最大限発揮させて迫力のあるもので感じてみたいとは思いませんか?FPSゲーマーの方々はおそらくヘッドセットを用いてプレイする方がほとんどだと思いますので、ここではそれ以外に外付けのスピーカーを用いて音を楽しみたい方向けになります。では僕なりに考えた先程のモニターとそれぞれに合わせていくつかのコスパ最強の外付けスピーカーをご紹介したいと思います。

迫力に迫力を・大画面用のスピーカー


リビングでプレイなされる方には是非ともこのスピーカーをおすすめします。とにかく【音が最高にイイっ!】です。光デジタル端子をテレビの端子に繋げれば映画館並みの臨場感のある音響が得られる他、本格的な外観からインテリアとしても映えます。低音域も高音域も文句なし、価格帯も¥10,000程度でこの最高の音質を体験してみて下さい。僕は1つ前の型を愛用しておりデスク上に置いています。正直邪魔ですが音を優先した結果は最高です。

 

薄型のサウンドバー・デスク上でも迫力のある音響を


デスク上でも臨場感のある音質を楽しみたい方は是非ともこちらの製品をお勧めします。ホームシアターではありますがそのコンパクトさ故に置き場に困る事も少なくなるのではないでしょうか。

 

以上を持ちまして当記事の改変及び正確な情報の記載の修正を終えます。今回も最後まで見て頂きありがとうございました。 たけまる