【Final Fantasy XIV(FF14)】評価レビュー・長期レビュー / PS4・Windows・Mac・Steam対応MMORPG

【Final Fantasy XIV(FF14)】評価レビュー・長期レビュー / PS4・Windows・Mac・Steam対応MMORPG
9.2

ストーリー

9.8/10

グラフィック

9.0/10

操作性

8.0/10

コンテンツ

9.5/10

ゲーム性

9.5/10

よかった点

  •  とにかく物語がアツい
  •  コンテンツが多め
  •  チュートリアルがしっかりしている
  •  操作アバターの種族やパーツが豊富
  •  クラス/ジョブが豊富

悪かった点

  •  操作性が中級レベルで慣れる必要あり
  •  序盤のお使いクエストが多め
  •  場合によってコンテンツの待ち時間が長い
  •  ダンジョンの攻略時間が少々長い

PS4魔改造失敗によりPCで何か面白そうなゲームがないか探していたところ、広告で【Final FantasyXIV】が出てきて試しにベンチマークを回してみて問題なく快適にできるとの事なのでとりあえずフリートライアルでやってみたんです。まだまだ序盤ですが、それがどうしてか正直今めちゃくちゃハマっちゃってます。何故もっと早くにやっていなかったのかと後悔させられる程です。

上記が僕の古ぼけたPCでベンチマークを回した結果です。スペック的にそこそこで心配して回してみたのですが、思った以上の結果が出てほっこりしました。

別記事にて当ゲームの推薦スペックを掲載しますので気になる方おられましたらどうぞ見て頂ければなと思います。それでは参考までに僕のPCのスペックをご紹介したいと思います。

CPU Core i7 2700k
RAM / SDD / HDD 8GB / 120GB / 1TB
グラフィックボード GTX960

CPUがi7はあるもののかなり古い第2世代のものでグラボもローエンドのものでここまでのスコアが出せたので比較的にゲームとしては軽いものかと思います。

総合評価

評価 :4.5/5。

それでは総合評価としてですが、不満点や悪かった点を踏まえてもめちゃくちゃに面白いゲームです。

Final Fantasyシリーズの第14作目で日本から海外までに幅広い人気を誇るSQUARE ENIX開発のMMORPG【FF14】ですが、人気と言えば他にこのゲームを題材としたテレビドラマや映画【光のお父さん】もプレイヤー以外でも人気があり、この作品を観てやり始めた方も数多くいると言います。

現在(2020.5.23時点)ではタイトルが3部作新生エオルゼア】【紅蓮のリベレーター】【漆黒のヴィランズ】とあり、今後もアップデートを重ねて増えていくようです。そこで今後はFF14のタイトルごとに長期レビューといった形で別途記事にしたいと思います。

新生】とある通り、どうやら「旧版FF14」があったそうで2013年8月頃に様々な面での大幅な修正や改善を経て今のFF14になったそうです。

その修正また改善としてはグラフィックの向上、操作するアバターのバリエーションの追加、新たに設計されたバトルシステムなど他にも様々ありますが、新生の名の通りに全く新しいゲームになったと言われています。

これらにより、現在でも日本だけでなく海外のプレイヤーも増え続けている状態。そして国内のアクティブユーザーは100万人とオンラインシリーズではトップランクに君臨する程です。

FF14はプレイ権を購入する必要のある月額制のゲームで月約¥1,700とまぁまぁのお値段が掛かります。これに関してやるか迷う方も少なからずいるのではないかなと思います。さて、それでは毎月この金額を払う価値のあるゲームなのかどうか見ていきましょう。

ストーリーに関しての評価

評価 :5/5。

新生エオルゼア編クリア時のスクリーンショット

現在【新生エオルゼア編】をクリアしたところです。間のお使いクエストが面倒といった点がありますが、どういった経緯で展開していくかが事細かに表現されていて進めていくうちに物語がアツくなっていきました。またもう1つの問題点としてですが、序盤では広大なフィールドを徒歩で移動する事もあってなかなかに面倒でした。

しかしながらこれらの問題点を踏まえてもストーリが本当に面白く続きが気になって仕方がなかったです。またメインストーリの他にジョブ別のサブストーリーも豊富に用意されているそうで、僕の場合まだ2つのジョブしかやっていませんがこれに関してのレベル別での物語も大変面白いです。

そして、序盤徒歩と記載しましたが、ちょっと進めていくうちにその序盤中にマウント(乗り物)を入手する事ができるのでそこまで問題視しなくてもいいかと思います。(それでも正直ちょっと面倒でしたけど…)

ゲームグラフィック評価

評価 :4.5/5。

グラフィックに関してはお持ちのハード機器の性能にもよりますが、比較的にいい方だと思います。

登場キャラクターや装備品の細部、広大なフィールドの風景また天候や時刻によって変わる演出が綺麗でした。リアルとまではいきませんがそこそこ綺麗といった感想です。

またFF14内専用のスクリーンショットを撮る機能もあるのですが、これがまた奥が深く撮り手によっては一眼レフで撮ったかのような一枚が撮れます。上記の画像はその機能を用いて撮ったものなんですが、ぼかし角度調整明度やライティングフィルターなど他にも様々な設定ができてとてつもなく高性能です。

操作性に関しての評価

評価 :4/5。

操作に関しては、パッド(コントローラー)とマウス&キーボードとありますが、僕自身がパッド勢なので当記事はパッドに関してとなりますのでご了承下さいませ。

さてそれではゲームの操作性についてですが、ちょっと慣れるまで大変だなと正直思いました。上記画像の下部に十字のものがいくつかあってその中にコマンド(配置移動可能)が設置されているんですが、まずコマンドを覚えるまでが大変でしたし「これ、なんだったっけ?」とコマンドの説明を再確認しながらやってました。これに関しては慣れが必要だと思います

また、最近知ったのですがHUD(操作画面上の情報)の配置が変更可能でしたので自分好みのHUDに仕上げられるのは大変ありがたかったです。

ゲーム内コンテンツ評価

評価 :4.5/5。

ゲーム内での遊べるコンテンツの多さには驚きました。戦闘以外にはギャザラー(採取、採掘や釣りなど)やクラフター(アイテム製作)などの生産職もあり、ハウジングといった自分またはフリーカンパニー / ギルド専用のハウスや庭の家具の配置ができます他にはカードゲーム、ちょっとしたミニゲーム、麻雀までもが遊べちゃうのです。

また戦闘に関しても、ダンジョン攻略はもちろん高難易度のエンドコンテンツ専用システムとフィールドを用いたPvP(対人戦)等もあります。他にもありますがまだ未体験故に別途記事にて掲載したいと思います。

ゲーム性に関しての評価

評価 :4.5/5。

ゲーム性に関しては全体的に見てかなりいいゲームなのではないでしょうか。まず運営の度重なるコンテンツのアップデートの多さで飽きを感じさせない点作り込まれた物語やジョブ別のバトルシステムやそのバランスが素晴らしいです。

ダンジョン攻略に有する時間は長いのですが、その分楽しくて時間を忘れさせてくれるといった感じです。細かいギミックなども用意されていて攻略中はテンポもよく進める事ができて僕的には楽しくやれてます

また、アップデート前にはプレイヤー側の意見を取り入れるフィードバックなどの運営の配慮が素晴らしいのと、プレイヤー側と隣合わせでゲームを創っていく様を見て本当にいいゲームでだなぁと感じました。これに関してはYouTubeなどに上げられている【FF14プロヂューサーレター】を見て頂ければ伝わるのかと思います。

上記の理由で月額制である意味をはっきりと感じさせるゲームです。フリートライアルもありますので「何かいいゲームはないか」とゲームを探している方がおられましたら試してみては如何でしょうか?ハマる方はハマると思います。

次の記事では【FF14始め方】といった記事をアップしますので、始めてみようと思った方はどうぞそちらをも見て頂ければ始める際に迷う事無くできるかと思います。

FF14ジョブ別新スキル紹介動画

上記の公式の動画を見て製品版を購入するもう1つのきっかけです。「めちゃくちゃにかっこいい!こんなん買う!買います!」と見た当初興奮しながらAmazonでポチっていました。現在もメインストーリーを進めています。何回も言うようで申し訳ありませんが、続きが気になって仕方ありません。この記事を見て下さった方もどうでしょうか?本当に楽しいので試しにプレイしてみてください。ハマります。 たけまる